« メモ - 研究会予定(2011-4-15) | トップページ | 情報科教員になったら参加するべき研究会・学会(2) - 東京都高等学校情報教育研究会 »

2011年4月16日 (土)

情報科教員になったら参加するべき研究会・学会(1) - 日本情報科教育学会

[情報科] ブログ村キーワード


情報科教員歴8年なので、なんとなくそれなりに研究会や学会に参加してきた。

情報科教員歴8年なので、新任情報科教員の相談にもそれなりに応じてきた。

情報科教員歴8年なので、情報科設置以来情報の授業を続けてきた。(;´д`)

そんなわけで、情報科教員になったら参加するべき研究会や学会を紹介してみる。

第1回は「情報」の教科教育を専門とする日本で初めての学会、「日本情報科教育学会」である。まずは基本的な情報から確認してみる。

名称:日本情報科教育学会

設立:2007年末(会則より)

定例大会:全国大会(6月ごろ)、設立記念フォーラム(12月末)

刊行物:ニューズレター(年3回)、学会誌(年1回)

運営の中心は情報科学系の研究者であり、全国大会における発表内容も研究報告や授業提案が中心である。情報科学系に限らず、理工系の学問的なバックボーンに興味があるなら人脈が広がりやすいだろう。先端的な実践事例の報告もあり、ICTに興味のある情報科教員にもお薦めである。新学習指導要領で「情報の科学」を考えている情報科教員なら収穫も大きい学会だと考える。

一方、人文科学系・社会科学系からのアプローチが弱く、「社会と情報」関連のネタは少ないと感じている。基調講演も情報科学系の先生方である。「社会と情報」に関する研究活動はこれからになるのだろう。

以上を踏まえると「社会と情報」に興味のある情報科教員に活躍の場があると言える。「社会と情報」に関する研究発表は少数であるから、積極的に研究発表をして「社会と情報」を自分の興味がある方向に引っ張るチャンスと言えよう。情報科教員であれば参加するべき学会である。

高校の情報科教員にとって学会は敷居が高いと感じるかもしれないが、学会の割に参加しやすいと感じている。2年前の懇親会で学会長がこんな事を言っていた。

「この学会はフラットです。お互いに思いをぶつける事が出来る学会です。学会費を払えばね。」

( ゚д゚).。oO(お金でフラットな関係になれる学会ってすごくね?)

« メモ - 研究会予定(2011-4-15) | トップページ | 情報科教員になったら参加するべき研究会・学会(2) - 東京都高等学校情報教育研究会 »

研究会・学会(予定)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573412/51294495

この記事へのトラックバック一覧です: 情報科教員になったら参加するべき研究会・学会(1) - 日本情報科教育学会:

« メモ - 研究会予定(2011-4-15) | トップページ | 情報科教員になったら参加するべき研究会・学会(2) - 東京都高等学校情報教育研究会 »

最近のトラックバック