« 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その2 | トップページ | 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その4 »

2011年4月 2日 (土)

「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その3

[情報科] ブログ村キーワード


日本情報科教育学会が「大学入試センター試験の出題科目についての要望」(PDF)を独立行政法人 大学入試センター文部科学省 高等教育局大学振興課大学入試室に提出した。

これらに引き続き、「社会と情報」はセンター試験の出題科目になりえるかについて扱う。

私の結論を確認する。

結論 (;´・д・)。o○(まだ、無理じゃね?)

不向きまたは時期尚早である点を、引用しながら述べる。

 「情報A」,「情報B」及び「情報C」から「社会と情報」及び「情報の科学」に改訂され,実習時間の制約(全授業時間に対する実習時間の割合は「情報A」が1/2 以上,「情報B」および「情報C」が1/3 以上)が削除され,“情報学の学習”という位置づけが明確となり,大学入試センター試験に十分耐えうる内容となっている。具体的にその例を示せば,別紙「参考資料」の通りである。

“情報学の学習”という位置づけに2つの疑問がある。

  1. 情報学という学問領域はほとんどの情報科教員にとって未知の領域である
  2. 情報学(≠情報科学、情報社会学など)を扱っている大学がどれだけあるか不明である

教育現場と大学側の両方が情報学に関しては手薄だと感じている。センター試験に十分耐えうる内容という結論を導き出すことが私には出来ない。

また、教授内容の具体例が別紙にあったが、これらの内容を十全に扱っている高校がどの程度あるか疑問である。現職教員等講習会で情報科の免許を取得した教員は理数系出身者が多い事を踏まえると、著作権やプライバシー権などの法的理解はあまり期待できない。残念ではあるが、自分の授業は十全どころか穴だらけである。教育実践の積み重ねが必要な段階だと考える。

よって、新学習指導要領になったという理由で「社会と情報」をセンター試験の出題科目にするには無理があると感じる。

予想通り長くなりそうなので、その4へ続く

(;´Д`A ``` まだあるよ・・・

« 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その2 | トップページ | 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その4 »

社会と情報」カテゴリの記事

コメント

この要望をこのブログで知りました。Thanksです。
この要望は、教科「情報」をセンター入試に5年後以降に入れてくださいというお願いなのでしょうか。入試制度を変えるのは簡単ではないのでしょうが、気の長い話に感じます。5年後以降にセンター試験が存在しているのかも疑問です。

y.tanikawaさん。コメントありがとうございます。

センター試験にせよ何にせよ、入試制度には賛否がつきものです。センター試験が存在しなくなった場合、代替試験の有無は検討課題になるのでしょう。

いずれにせよ、情報の入試が本格的に実現するのは当分先だと感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573412/51257707

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その3:

« 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その2 | トップページ | 「社会と情報」は大学入試センター試験の出題科目になりえるか その4 »

最近のトラックバック