« 国立情報学研究所 平成23年度 オープンハウス(ポスターセッション) | トップページ | 学会・研究会まとめ - 法と教育学会 会員総会・第2回学術大会 2011-9-4 »

2011年6月 6日 (月)

New Education Expo 2011

[情報科] ブログ村キーワード


New Education Expo 2011に参加した。

お目当てはCBI研究会のセミナーと企業展示。ICTへの興味が薄かったので足が向かなかったのだが、諸事情で勉強が必要になったので参加した。

セミナーの引用と印象に残った事をメモする。

地域発のICT利活用
〜教師の目から見た授業で使いたい電子教科書・教材〜

■ 概要
小、 中、高、大の教員が所属している研究会の持ち味を活かして各校種の教員が実践に基づき発表・意見を致します。今年度は小、中、高の教員がそれぞれの校種の 立場でお話をさせて頂き、大学の教員がフロアの皆様とのコミュニケーションをはかり議論を活性化させたり、話題提供を通してセッションをコーディネートし ます。
登壇者:佐藤和紀(小平市立小平第五小学校)、田崎丈晴(千代田区立九段中等教育学校)、横井弘(杉並区立神明中学校)、井口磯夫(十文字学園女子大学)、小田和美(東京女子体育大学)

CBI研究会より)

高校の内容は田崎先生の発表だけであったが、小学校や中学校のICT活用の教育実践が聞けて良かった。情報科という教科は高校にしかないので、他校種の話はなかなか知る機会が無い。おまけのつもりで来ていたのだが、勉強になった。

なかでも佐藤先生の一言が刺激的であった。

ICTメディアは楽になる道具ではなく能力を拡張するもの。

もしやと思い、これに関する質問用紙を提出したら回答を頂けた。時間の都合で深くは聞けなかったのだが、小学校の先生からマクルーハンが出てくる事は想像していなかった。

やはり、マクルーハンの書籍を読もうと思った。情報科教員には必須の教養なのだろう。今回最大の収穫はこれかもしれない。幅広い勉強が必要だ。

_φ(・_・”)

閑話休題。

  • NIIは国立情報学研究所の略称
  • NEEはNew Education Expoの略称

略称が何となく似てる。

« 国立情報学研究所 平成23年度 オープンハウス(ポスターセッション) | トップページ | 学会・研究会まとめ - 法と教育学会 会員総会・第2回学術大会 2011-9-4 »

研究会・学会【報告】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573412/51855718

この記事へのトラックバック一覧です: New Education Expo 2011:

« 国立情報学研究所 平成23年度 オープンハウス(ポスターセッション) | トップページ | 学会・研究会まとめ - 法と教育学会 会員総会・第2回学術大会 2011-9-4 »

最近のトラックバック